第5回クマムシ学研究会を開催します

2020年9月27日に第5回クマムシ学研究会をオンライン開催します。近年のクマムシ研究の進展はめざましいものがあります。本研究会は最新のクマムシ研究成果を発表し研究者間で議論を深める場であると同時に、研究会を一般公開することでクマムシ研究を広く市民の皆様に知っていただくことも目的としています。昨今の事情を鑑み、今年はオンライン開催といたします。

開催概要

日時:2020年 9月27日(日曜日)

場所:オンライン開催

URLは参加登録者に後日メールにてお送りいたします。URL既にメールにて連絡していますが、メールアドレスに誤りがあった方には届いていません。未達の場合、kumamushigaku@googlegroups.comまでご連絡ください。

定員:500人 (Zoomの人数制限のため)

対象者:誰でも(一般公開)

参加費:無料

招待講演:泊幸秀教授(東京大学定量生命科学研究所)「Heroタンパク質: へろへろくんがヒーローになった日」(関連論文

参加登録方法

登録フォームに記入して登録を行ってください。人数が定員に達し次第締め切ります。

発表演題登録方法

クマムシ学研究会での発表はすべてZoomによる遠隔口頭発表となります。2020年8月28日 (金曜日)までに発表演題のタイトル、発表者リスト、要旨(600字以内)を、kumamushigaku@googlegroups.comまで送信してください。

オンライン学会のため、不特定多数の参加者がいる可能性を鑑み、未発表データを多く含む発表の場合、アカデミックな所属を持つ人に参加者を限定した枠で発表いただくことも可能です。その場合、「クローズド枠希望」の旨を明記してください。

みなさまのご参加をお待ちしております。

第5回クマムシ学研究会運営委員会