プログラム

13:00 開場

13:30 開会の挨拶(灰原とう)

 

セッション1 13:40 ~ 14:40

13:40 山形県月山の樹林帯の積雪中で活動するクマムシ

小野 誠仁, 竹内 望, Krzysztof Zawierucha

14:00 クマムシの交尾も、味わい深い

杉浦健太、松本緑

14:20 『クマムシ学』をゲーム化した『クマムシさん惑星』

南原成勲(灰原とう)

 

セッション2 15:00 ~ 16:00

15:00 乾眠機構解明に向けたトゲクマムシEchiniscus testudoのマルチオミクス解析

村井結美,藤原正幸,冨田勝,荒川和晴

15:20 短波長紫外線に曝露したヨコヅナクマムシのトランスクリプトーム解析

吉田祐貴,堀川大樹,冨田勝,荒川和晴

15:40 広がりつつあるクマムシゲノムリソースからの展望

荒川和晴

 

セッション3 16:20 ~ 17:40

16:20 既知タンパク質との類似性が低いクマムシタンパク質の研究

福田庸太、Kim JeeEun、Sim Kee Shin、楊麗昕、松崎琢朗、井上豪

16:40 クマムシ固有の細胞外分泌性脂肪酸結合タンパク質SAHSの乾燥耐性に寄与する

分子メカニズムの解析

田中彬寛、國枝武和

17:00 分子動力学シミュレーションおよび高速原子間力顕微鏡による

RvSAHS1タンパク質の水溶液中での動的性質の解明

宮澤和久,伊藤暁,渡辺大輝,内橋貴之,谷中冴子,矢木真穂,加藤晃一,

荒川和晴,奥村久士

17:20 生体分子のストレスからのプロテクションと生命活動を如何にして両立させるか

國枝武和、柴原礼良

 

17:40 閉会

18:00 ~ 20:00 懇親会